従来と比較して画像面で大きく進化したiPhone6s

iPhone 6sとの比較です。6sのCPUは「A9」を搭載しています。iPhone 6やiPhone 6 Plusが搭載する「A8」の後継のチップとなります。A8を搭載するiPhone 6よりも処理速度が70%、ゲームの3Dグラフィックスの処理速度で90%も速いということです。また従来は別のチップだった加速センサーやコンパス、ジャイロスコープ、気圧計といったセンサー類を制御するモーションプロセッサーがA9に組み込まれており、そのぶん、省電力で動作するということです。カメラは仕様、機能ともに大幅に強化されました。iPhone 6sのカメラは背面に1200万画素、前面に500万画素のものを搭載します。iPhone 6の800万画素、前面120万画素より大幅に画素数が増えて、より高解像度の写真を撮影できるようになりました。前面カメラで自撮りをするときは、ディスプレーが通常の3倍の明るいフラッシュとして発光して、より明るく撮影できるのです。ビデオ撮影は3840×2160ドット、30フレーム/秒の動画を撮影できる4Kビデオ撮影機能が追加されました。スローモーション撮影も1080Pの解像度で120フレーム/秒、720pの解像度で240フレーム/秒に対応しています。

Leave a Reply

Recent Posts

Archives

Topics